Art de Vivre

lelysrose.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 02日

元祖ソーキそば

沖縄に行ったら何杯たべるかな?
”うちなーすば ”
ここはソーキそば発祥店の本店という事で、肉そばでもなく、三枚肉そばでもなく、迷わずこれっ!
  どーーん。
a0251856_17322989.jpg

創業者が昔商店をしていた頃に残ったお肉がもったいなくて、悩んだ末に生まれたのがソーキそばだとか。
当時、炎天下の中で毎日汗を流して頑張っている肉体労働者が殆どで、
沖縄そばは、さっぱりとしたものばかりだったので、
「ボリューム感があって食べた人にクンチがつくように」とソーキの煮付けを乗せたそうです。
それが今では沖縄のどこに行っても一般的になっている『ソーキそば』の始まりだそうです。
本店のテーブルと椅子は使えるのにもったいないという気持ちから、色々なテーブルと椅子がありました。
器いっぱいに入った麺に、これでもかと乗っているソーキ。
山のようにとがったそばを、伊江島にそびえたつ山 伊江島タッチュー にかけて
「タッチューそば」という人もいたんだって、すごいね!
このお肉の大きさと量には、日々、創業者の味を守る気持ちが込められているのだと思いました。

[PR]

by lelysrose | 2014-01-02 23:59 |


<< すーさーと遊んだ海岸      明けましておめでとうございます >>