Art de Vivre

lelysrose.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 19 )


2014年 06月 10日

SUNSET

a0251856_10375338.jpg


5月のGW明けから長い旅行の予定を入れていたので、
いつもの鹿児島スケジュールは、しゅっと行って、しゅっと帰る事になっていた。
カメラも新しいスワロの双眼鏡も持って行ったけれど残念ながら雨!
そんな気がしてたんだ…
活躍出来なくて重いとね、ホント、重いんだよね。
でも、雲の上に上がると綺麗な夕陽を見る事が出来た。
この一枚で今回の旅は完結。
明日があるさ!

[PR]

by lelysrose | 2014-06-10 00:55 |
2014年 01月 04日

すーさーと遊んだ海岸

a0251856_13502985.jpg

ここは沖縄だし、日頃海で鳥の観察をする事はあまりないので、
雨が上がって、
鳥達はお腹がすいているに違いないから、ワンサカいるだろうと思い込み
期待で胸をワクワクさせながら海岸へ車を走らせた。

ところが…

a0251856_13503450.jpg
    「ハイタイ、れりさん」
    「デージ重そうな黒いの色々持ってから〜マーカイガー?」
    「アイッ…また鳥見?」
    「雨は上がったけど、昼間はみんな来ないサ〜」
    「ワタシ?私はやっぱりイソヒヨドリだから磯にいないとねー、と思ってサ〜」
    「今から、これ食べるんで気を散らさないでよ、OK?」




a0251856_13511044.jpg
    「色んな人がうろうろして気になるけど仕方がないサ」
    「もー、食べるサ〜」
     …ぱくっ。




a0251856_13511269.jpg
    「あいっ、れりさん動かないでって言ったサ〜!」
    「サーファー行っちゃったんで、角度を変えて再度挑戦するわけ?」
    「ボード持ってるサーファーを背景にワタシのナイスショットが撮りたかったサ、ねぇ」
    「だけど野鳥はそんなに思い通りには行んサーー」
    「自分でもわからんサー(笑)」




a0251856_13511490.jpg
    「ほらほら、れりさんが狙ってた丁度ワタシとサーファーが重なるナイスな瞬間が来たサ〜」
    「ほーれ、それなら…ちょっと落としてみよぉーね〜」
     …ぽとん。




a0251856_1354442.jpg
    「あーあ、また行っちゃったサ(笑)」
    「なんくるないサ〜♪」
    「また角度変えたらいいサ〜」
    「それなら今度はでーじふりまわしましょぉーね〜」




a0251856_13511868.jpg
冷静になったヒヨドリ。
れり:「色々やってくれてありがとう」
食べてる間は一生懸命だったので、岩陰に隠れてジリジリと結構近付く事が出来た。
”旅に18-140mmこれ1本!”と張り切ったけど、これだけ撮れたら本当に良かったと思う。
青いのも 撮りたかったけど、今回のすーさー代表はメスだったサ〜
「すーさーマタヤータイ!」

[PR]

by lelysrose | 2014-01-04 23:59 |
2014年 01月 02日

やんばる

a0251856_17155949.jpg


今年のお正月休みは1週間沖縄で過ごした。
毎日温かく、過ごすやすかった。
念願のやんばるの山にも鳥見に出掛ける事が出来てとても嬉しい。
今回は下見の気持ちだったけど、帰ってみるとあれもこれも、もっともっと、と欲張る気持ちになる。
次はフィールドスコープも持って行こう。

沖縄の自然の中で珍しいものを沢山見て体験する事が出来た。
この木は、愛犬あしぅ〜に似ている。
「家、空け過ぎ〜」と言われているような気がした。

[PR]

by lelysrose | 2014-01-02 23:59 |
2013年 12月 30日

今月はD7100と新しいレンズで

今年最後の鹿児島の旅。
18-55mmレンズのマウント割れが分かって、修理するかどうかを悩んでいたけど…
この旅の直前に「えいっ!」って、エクスチェンジオファーで
AF-S DX NIKKOR18-140 mm f/3.5-5.6 G ED VR を買っちゃった!
今年はカメラもD60からD7100に変わり重くなった。
このレンズもまた18-55mmより少し重くはなるけれど ”旅にはこれ1本で行けそう” と期待!


空港からリムジンバスで鹿児島市内へ。
まずはお昼ごはんにラーメンを食べに入ったんだけど、流石に大きく重くなったカメラとレンズで、
しかもカウンター席で、作った人を目の前に写真を撮るのは恥ずかしくなって…撮れなかった。
前回みたいにD60でmicro40mmだったら撮っていたかもしれない。
そして夕日に燃える桜島を狙いに、港までのんびりと目にとまる物を撮りながら歩いた。
その他の景色

「140まであるからね〜」
「うんうん、何でも撮れちゃうね」
「いいね・いいいね」
桜島を背景に釣り人を撮っていると、魚狙いのトビがいきなり私の目の前を横切った。
a0251856_12261581.jpg

「びっくりしたなー」
なかなか釣れないと、トビが電柱の上から「ピーヒョロロロ」と催促をする。
こうなると200mmも持っていたらと思うけど、2本持ってなんか来ないんだから18-140mmってすごいな!と嬉しくなった。
a0251856_12261330.jpg

結局曇りで霞んでいて夕日に燃える桜島は撮れなかった。
iso2800 30mm SS 1/100 F6.3

More:いずろ交差点で流し撮り
[PR]

by lelysrose | 2013-12-30 13:53 |
2013年 12月 13日

近江八幡

Nikon友達から「近江に集まろう」とお誘いがあった。
よくTVドラマの舞台などに使われている近江八幡には、一度カメラを持って行ってみたいと思っていた。
水郷の淵をのんびりと歩いて撮影、そして水郷めぐり。
西の湖では船頭さんが手漕ぎを体験させてくださり良い思い出になった。


a0251856_2181761.jpg

船頭さん2時間ありがとうございました。
お天気も良くてお弁当も付いていて、私達は最高だったんだけど、重かったでしょ。
みんなの三脚やレンズの数々…
荷物を持って舟から降りた時の船頭さんのお目目が(◎_◎;)
「いつもより随分重いなと思ってた」と、一言。

a0251856_2182067.jpg
焼肉屋さんが開くまでの時間つぶしみたいに八幡山にも登った。
a0251856_2182361.jpg

そして近江牛!
美味しい×美味しい×美味しいっ!
[PR]

by lelysrose | 2013-12-13 21:53 |
2013年 12月 12日

クローズアップフィルターと旅

10月23日
大きな台風がゆっくりと近づいていた。
まだ沖縄にも達していなかったけれど、
ANAは台風の影響で秋雨前線が活発になり、欠航または予定地に着かない事もあると発表。
慌ててフライトの変更、早目に鹿児島に入る事になった。
台風なのに早く行って何するかなーと、暇に思ったけど意外と穏やかだった。

そこで桜島が撮れる海水浴場に行ってみた。
台風前の空に力強い雲が桜島を覆っている。
カッコイイ!あとでHDR加工ね!…なんて思いながらシャッターを切る。
あれ?…切れない!
色々やってみたけど、AFはジーコージーコいったままだし、シャッターもおりない。
がーーーん”””
これから一週間、ただ重たいだけのカメラを持って歩くのかと浜辺でフラっとした。


何もする事がなくなってしまったので写真仲間にシャッターがおりなくなってしまったと電話をしてみた。
レンズは?「Micro40mmです」
症状は?
それだけ聞かれて「マクロフィルター付けっぱなしじゃない?」と一言。
「あっ、付いてる!」(◎_◎;)
で、解決した、すごい!
単焦点の綺麗さから、この頃は何処へでもMicro40mmを付けて出掛けている。
私がそのレンズにクローズアップフィルターを付けて蟻の写真を撮っていた事を覚えていてくれたのだ。
「他の仲間にはこの事は黙っててあげるからね、ふふん」と言ってくれたけど、電話の向こうでニヤっとした顔が見えた。
ぐやじぃぃぃ ”みんな聞いて〜”(笑)



a0251856_1693032.jpg
秋の栗野町に遊びに行った。
道を歩いていると白菜の葉の中でバッタを見付ける。
うしっ。
マイクロレンズ付けてるんだからね、撮らないと!
なんならクローズアップフィルターもあるわよ〜
a0251856_1692770.jpg


[PR]

by lelysrose | 2013-12-12 18:24 |
2013年 07月 23日

おぎおんさあ

鹿児島空港に着いてwi-hiスポットを探していると隣で電話をしている人から
「桜島の火山灰で飛行機が飛ばないかもしれない」という話し声が聞こえて来た。
えっ…
夏は火山灰が市内に降る事が多いのでバス停近くのホテルをとっておいて良かったなと思った。
それにしても飛行機が飛ばないくらいの灰なら傘だけでは足りなかったかと不安になる。
歩くとざく・ざくっと足が沈むくらいの積もり具合かな。
真っ暗で先が見えないくらいかな。
鹿児島で国際火山学会が開催されているので張り切って噴火しているのかもねと冗談を言っている場合ではない。
色々悪い想像をしながらリムジンバスに乗ると、
「今日は ”おぎおおんさあ” があるのでバスは天文館通りに入れません」
「山下小学校で降ろしますのでそこからは歩いて行ってくださ」とアナウンスがあった。
え”ーーーーーっ!

a0251856_13323266.jpg

市内に着いてみると灰は降っていなくて街は綺麗だった。
荷物を持って暑い中を歩くのはちょっと大変だったけど、とりあえず良かったと思った。
ホテルに着くと前では ”おぎおんさあ“ の神幸行列、上の階にある涼しいフロントからも楽しむ事が出来た。
ラッキー!イイ時に来たなと1時間前のどんより気分は吹き飛んで、カメラを持って外に出てみた。
a0251856_13323440.jpg
人物の写真を撮ると後でネットにあげても良いものなのかといつも悩む。
出来るだけ顔や個人が特定されないように撮るつもりだが、お祭り写真で御神輿をかついでいる人は絶対に必要よね。
以前、ある競技イベントで確認をすると観戦者についてはNGだが競技者についてはOK。
主催者側が開催前に競技者に確認をしているという事だった。
今回も気になったので八坂神社祇園奉賛会に確認をしてみると「個人の責任で」という返事だった。
a0251856_13323757.jpg
だけどカメラに向かってこんなに素敵な顔をしてくれたのだからOKって事で!
鹿児島の夏を彩る「おぎおんさあ」は悪疫退散、商売繁盛を祈願して、古く江戸時代から行われている伝統的な祭り。
見ものはご神幸行列。
朝日通りから高見馬場間を歩行者天国にして、約2キロ、総勢3千人の行列が古式ゆかしく賑やかに市内を練り歩く。
歩道には一眼を持って歩いている人が沢山いたのに、行列の切れ間に道路の中に入って写真を撮る人がいなくてお行儀の良さにびっくりした。
歩行者天国というくらいだから入って撮ってもいいような気がしたけど、出来なかった。
私はそんな鹿児島が大好き!


More:ちょっとお肉
[PR]

by lelysrose | 2013-07-23 23:59 |
2013年 03月 27日

雨の熊本

お友達と3人で桜三景ツアーで熊本に行った。
残念ながら、しとしと雨。
まずは熊本自衛隊健軍通りの800mの桜並木を見て、熊本城へ。
a0251856_1837870.jpg


ソメイヨシノを中心に800本が見頃だった。
しかし私は城より団子(笑)
a0251856_19294730.jpg
あらっ、お行儀悪いわね、かじったお団子アップするの?
しかもその暗さで、また手持ち?そして片手?
まー、硬い事はイイからちょっと聞いてよ。
良かった〜お城の所でお団子買って食べておいてって話なのよ…。

a0251856_18371046.jpg
熊本城での滞在時間は2時間しかなくて、あっという間だったの。
写真を撮っていたらお友達とはぐれてしまって、探している間に集合時間になって私だけお昼ご飯を食べ損ねてしまった。
朝ご飯も食べていなかったのに…。

a0251856_1837433.jpg
次は、空きっ腹に熊本ワインを試飲しまくってイチゴ狩りへと農園へ。
バスの中でガイドさんが、イチゴの食べ放題はお昼ご飯の後に組まないと、みなさんに農園のイチゴを全部食べられてしまうといけませんからね〜っと言って笑いをとっていた。
けど、私は真面目にごっくん状態でハウスに入る。
「お腹空いているから食べるわよ〜」って…でも5個でお腹いっぱい。

a0251856_18384118.jpg
最後は、夕方になってしまったけど市房ダムへ。
市房ダム湖の周囲14kmに渡ってなんと2万本ものソメイヨシノなどが咲いているという桜の名所!
九州の桜ランキング第2位だとか。
高さ80mまで上がる大噴水があってレストハウスから桟橋まで降りると目の前の迫力。
湖畔の周りは車も人も殆どいなくてサイクリングが出来たら気持ちが良さそうだった。
今度行く時はレンタカーでぐるっと一周、好きなだけ満喫ね!



[PR]

by lelysrose | 2013-03-27 23:59 |
2013年 03月 24日

Peachに乗ってみた

以前は月2回鹿児島に行っていて、マイルを貯めるようになってからはANAにしか乗らなくなってしまった。
たまったマイルでは、出来るだけ遠くに行くようにしている。
世の中あれもこれもポイント制になって、それに縛られていた方がそこから外が見れなくなって実際つまらないのではないかと、ふと思った。
早割で2ヶ月前に計画をばっちり立てる事が面倒になって来たのかもしれない。
ある人が「友達がピーチで日帰り旅行往復1万円も掛からなくて安くてイイって言ってたよ」と教えてくれたので
”それなら一度私も乗ってみるか!”って事で、後回しにしたかったANAの早割計画からピーチに乗る事にしてみた。

a0251856_12213195.jpg

ふふっ。。。大変。
朝イチに間に合う電車がなーーい。
春休みのハイシーズンだったからかな…安いはずだったのに、お昼の便はもっと高かった。
しかも関空までの移動時間も交通費も結構かかる。

a0251856_1221353.jpg

関空に着いてもPeachの第2ターミナルまでは反対側のビルの下からバスに乗って行かなければならないので時間が読めなかった。
そしてチェックインは30分前に完了していなければ絶対に乗せてもらえないらしい。
緊張して8時に家を出た。
えっ”8時 … 良く考えてみると伊丹なら8時に家を出れば10時には鹿児島空港に着いているよね。
定刻の12:05より10分遅れて出発して更に10分掛かって滑走路まで移動。
きっと、さっき第1ターミナルからバスで来た道の横を逆に帰っているのだろうなと思いながら小さな窓から外と時計を見る。

a0251856_12213794.jpg

PeachのHPから購入したんだけど、支払手数料というのと、関西空港の施設使用料と、手荷物料金が別計算で必要。
座席指定料金というのもある。
そして当日なら手荷物が1個@2000円だって(◎_◎;)
それなら宅急便の方が楽じゃないかとは思ったけど、2日前に荷物をまとめなければならないので、
ネットで支払っておけば@1000円だからと、適当にプチっ。
結局荷物はなかったので無駄になってしまった。

a0251856_1221406.jpg

何もかも有料なのはイイんだけど、後ろの人がシートを蹴飛ばすのと、殆ど直角に座らないと足がつかえる。
きっと後ろの人もきつかったんだね。
3人掛けの椅子は肘掛けが上がっていて、通路側のC席の椅子からB席、A席まで座りながら移動する形になる狭さ。
道理で窓側優先搭乗なわけだ。

a0251856_12214297.jpg

まぁ、雲の上まで来ちゃえば景色は同じか…
1時間15分のフライトで定刻通り着きますとアナウンスはあったが5分遅れて着陸した。

チェックイン用バーコードを自分で印刷するだけなのでこれだけで本当に乗れるのか?と不安だったけど、すごいねこういうシステム!
でもやっぱり私はANAカードでSkip 利用が気楽。
結局ANAの早割と総費用は変わらなくなっちゃったんだけど
一回は乗ってみたかったから〜
関空の国際的な空気も吸いたかったし〜
なんだか色々な事に時間が掛かり過ぎてちょっと大変だった。
いつもなら11時に天文館に着いている所が今回は15時になってしまった。



More: 復路
[PR]

by lelysrose | 2013-03-24 23:59 |
2013年 03月 12日

ありがとう “すーさー”

沖縄に着いた日からずっと追いかけましていた鳥はイソヒヨドリだった。
1日目、あの鳴き声は何て言う鳥ですか?と聞いてみたけど地元の人達は「鳥」って。
はっきりと綺麗な、大きな声が朝私を起す。
最初は珍しくて55mmとコンデジでどんなに遠くても撮りまくった。
先を急いでいてもその鳥が現れると取りつかれたように時間を忘れて写真を撮り続けた。
今回の沖縄の旅での撮影枚数は
OLYMPUS XZ-2で500枚弱
NIKON D60で380枚
そのうち、イソヒヨドリは100枚を越していた。

海洋博公園でも国際通りでもどこにでもいて、沖縄の空気の中で私は南国にしかいないリュウキュウ何とか鳥なのかと思っていた。

5年程前に「イソヒヨドリイソヒヨドリイソヒヨドリ」
「イソヒヨドリのオスが見てみたい!」とつぶやきまくっていたけど、
いつも見ている人は「そんなに珍しくないよ」と言う。
私の住んでいる町には、ヒヨドリしかいない。
宮崎で線路にとまっていたオスのイソヒヨドリを見た事があったけど、線路の上か…とちょっとがっかり。
でも色はこんなに濃くなかったしBIRDSONG for iPad以外に生の声も聞いた事がない。
イソヒヨドリは磯にいてよ…(笑)
私はいつか磯で水色のトタンとオスのイソヒヨドリを撮ってみたいと思っていたんだから。
だけどこんなに濃かったら水色のトタンのイメージが崩れちゃったじゃない。
今度逢った時は「イソヒヨドリか」って言えるくらい見ちゃったよね。
求愛のシーズンで綺麗な体と声が沢山聞けたのかもしれないね、ラッキー!
「ありがとうイソヒヨドリ」


a0251856_1046362.jpg

旅の最後の地、糸満で初めて「すーさーっていう鳥だよ」と教えてもらった。
家の庭に遊びに来ると言うので待たせてもらった。
すーさーが「呼んだ?」って感じで現れる。
ここの家では名前も付いていて「すーちゃん」と呼ばれていた。
ホントに来た!もう、この時の私の驚きと言ったら文字では現せない。
何で、こ・ん・な・に・近いんだよーーーーん、今までの私は何だったのかと思った。
55mm ノートリミング、iso100 F5.6 ss1/80
「ありがとう、すーちゃん」


a0251856_10464051.jpg
そして番犬ネロもありがとう。
お庭に犬がいてもイソヒヨドリは来るんだって。
何もかも、みんなが仲良く暮らしているんだなと思った。
私の旅の中で一番穏やかな時間だった。



[PR]

by lelysrose | 2013-03-12 23:59 |